スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クライマーズ・ハイ 

まさかの読書感想文・第二弾であります。

GA10001.jpg
© Bungeisyunju Ltd
著者:横山 秀夫



1985年の日航ジャンボ機墜落事故という実際にあった未曾有の大事故を題材に、地元新聞記者達の人間模様を描いた作品です。
この事故当時、私は9歳。小学校3年生でした。
坂本九、阪神タイガーズの社長などもこの事故で亡くなられたんですよね。

まぁ、この本ではそんな事は全く触れていませんが、でも私もこの事故のニュースは非常によく覚えていて、当時のニュースや、家族で話した事がよく思い出されます。


物語は現在(2003年?)と当時のパラレル構成です。
メインはまぁ、当然85年当時の方なんですが、難しい会社での人間関係、家族との関係、友人・・・どこの世界にも、誰にでもこういうのってあるんですよね(苦笑)
山を登る事と人生というか生き方と言うか何とも言い表せない物が重ねられている様で、面白い小説です。
また、私には縁遠いマスコミという職業の在り方を知る事もまた、面白味のひとつだと思います。


この小説は堤真一主演で映画化されており、TSUTAYAとか行けばDVDとかもレンタルされています。

映画と小説がちょっと違う箇所もありますけどね。


実は私はDVDが小説よりも先でして、小説を読む時って主人公の顔とか現場の様子等は自分の空想で思い描くもので、それがまた小説の面白さだと思うのですが、どうしても主人公の顔は堤真一になっちゃいます(笑)

やっぱり、最初に小説読んでから映像を観賞する方が良いですね。
スポンサーサイト
[ 2010/02/28 23:51 ] | TB(0) | CM(0)

胃が痛いとはこういう事か 

ここ1,2週間、ちょっと苦悩の日々を過ごしていました。


4月以降の会社の組織について
自部門の組織変更があまりに理解し難い内容だった事。
希望していた他部署への異動が、実現するかもしれない事。


何にしても現状維持は無いはずでした。転勤もありえました。


会社に対する不信感。苛立ち。無力感。そして・・・少しの希望。

希望が適わなければ、待っているのは絶望感・・・?

・・・相変わらずなネガティブぶりです(苦笑)

普段、仕事がめちゃくちゃ忙しくても、逆境に立たされても体調に異常をきたした事がなかったのですが、胃が痛くなったり、頭痛もあったり、休みの日も無気力・・・正に苦悩の日々でした。
ストレスで胃が痛くなるってのはこういう事か・・・と思ったものです(汗)。


結果

予想もしていなかった『現状維持』
これには上の方で一悶着あった様なのですが、まさかの結果でした。

ただ、この結果にはホッとした気持ちと、希望部署への異動が実現しなかった残念な気持ちが入り混じっています。
問題が先延ばしになっただけな気もするし・・・。


何にしても今後は、1年後を見据えて仕事をする事になりそうです。
[ 2010/02/27 23:52 ] 仕事(殆ど愚痴) | TB(0) | CM(0)

雪づくし 

ここ最近、やたらと雪が多いですね。
昨年は確か1回しか積もらなかったんですが、今年は既に3回は積もっています。

お陰様でスタッドレスを買った効果(ありがたみ?)を感じるんですが、シビックはデロデロ~~~(汗)
PH10003.jpg

見るも無残な汚れっぷりです。


さてさて、そんな雪のデメリットばかりを感じているだけでは勿体無い。

今日は友達とスノボに行ってきました。
PH10004.jpg

昨日も雪が降っていたので、
雪質最高!
日曜だからか?
混雑無し!!
そして~~~~
天気も快晴!!!
景色も最高だぜ~~~

今日は最高の滑り日和でしたo(^-^)o

約2年ぶりのゲレンデでしたが、結構滑れました。
まぁ、前科者なので、上級者コースには行かなかったけどね♪(汗
[ 2010/02/14 21:37 ] どーでもいー話 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。