スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Skip 

久々に飛行機に乗りました。
最後に乗ったのは昨年の7月だったので、1年以上間が開いていました。

飛行機といえば、先日の那覇空港での中華航空機の事故が記憶に新しいですね。
各航空会社には、安全に対して更なる教訓としてもらいたいです。

さて今回、昨年の7月には無かったANAのSkipサービスというものを体験してきました。
Skipサービスとは、簡単に言うと航空券の発行をしないで飛行機に乗れてしまうというもの。
以前まではチェックインまではチケットレスができたんですが、保安検査場、搭乗などにもケータイで取得した2次元バーコードをかざすだけで、ホントに『チケットレス』なんです。

で、使用した感じとしましては・・・

まず、Skipサービスを利用している客が意外と少ない事に気づきました。
搭乗の際、みんなチケットを改札機(?)に通しスムーズに流れている中で、1人だけケータイだと、多少認識までのタイムラグがある事や、バックライトが点いていないと中々認識しない事もあり、流れを止めてしまう感じがしました。

また、座席番号の書かれたレシートみたいな紙が発券されるんですが、結構邪魔臭い(汗)。

最初に使った感想としては、デメリット感の方が強かったです。

しかし、大きなメリットもありました。
それは、ケータイで事前チェックインしておけば、空港についてそのまま保安検査場へ行ける事。
例えば中部国際空港のANAの国内線のチェックイン機はいつも行列が出来ていますのが、この行列に並ぶ必要がなくなります。
まぁ航空会社としては、これが売りなんでしょうけど。

折角のシステムなので、時と場合によって使い分けたいと思います。
[ 2007/08/22 23:56 ] どーでもいー話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://indigo99.blog99.fc2.com/tb.php/34-47d1183d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。